内臓脂肪を効果的に落とす方法・やり方のまとめ!【ダイエットの大敵】

勉強
内蔵脂肪について知りたい!

そんなあなたの為にあるのが今回の記事です。内蔵脂肪がついてしまうメカニズムや原因、内蔵脂肪を効果的に落とす方法・やり方を全てわかりやすくまとめました!

これであなたを悩ませる内蔵脂肪とはサヨナラです。

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサードリンク

内蔵脂肪とは?

お腹・脇腹をつまむ女性
大きく分けると脂肪は、皮膚の下につく「皮下脂肪」と、お腹周りの内蔵付近につく「内蔵脂肪」に分けられ、エネルギーを溜め込んだり、内蔵を守ったりする役目があります。

しかし、内蔵脂肪が増えすぎてしまうと、血中の脂質濃度を高める原因となり、すい臓から分泌されるインシュリンの働きを悪くすることから、

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • メタボリックシンドローム

このような「生活習慣病」のきっかけになったしまうので、内蔵脂肪の増えすぎを放っておくことはオススメできません!

内蔵脂肪が増えてしまう原因は?

牛肉ステーキ
そんな内蔵脂肪が増えてしまうのは「運動不足」「過食」が原因です。

普段あなたが食べるエネルギーを100とし、日々の生活でエネルギーを100使って入れば問題はないのですが。過食からエネルギーを120食べてしまい、エネルギーを80しか使わない運動不足の日々が続けばエネルギーが40ずつ余っていきます。

内蔵脂肪が増えてしまうのは、そんな余ったエネルギーが日々体に溜め込まれていくからなのです。

内蔵脂肪を落とす方法は?

空腹・腹痛の女性
食べる量を減らすのが1番早いと考えてしまいがちですが、間違ったやり方をすると健康を損ねたり、逆に脂肪がたまりやすく痩せづらい体質になってしまう場合もありますので、内蔵脂肪を落とすには「運動」「食生活の改善」を行う事がオススメです!

また、脂肪とは全く無いのも問題なので、自分の年齢や性別に合った脂肪の平均的なつき方を確認できる「内蔵脂肪レベル」というのを参考に、自分が今どれだけ「肥満」なのかを知っておく事も大切です。

内蔵脂肪を落とす運動は?

ジョギング
生活で使うエネルギーを増やす「運動」が内蔵脂肪を落とすのに効果的で、特に「有酸素運動」と「筋トレ」がオススメできます!

有酸素運動は脂肪を燃やしてエネルギーとして使う運動なので効果的に内蔵脂肪を落とす事ができ、筋トレ「基礎代謝」という生命維持のエネルギー消費量を増やす効果があります。

内蔵脂肪を落とす食事とは?

和食
先ほど食べるエネルギーの量を100といった数字で例えましたが、今習慣付いている食べる量を極端に減らしたりというダイエット方法は、健康に悪いだけではなく、減らしたストレスからドカ食いをしてしまうなど良いところがありません。

なので、内蔵脂肪がつきにくい「食べ方」をしたり、食べる量を減らす・脂肪を燃やすサポートをする栄養素も知っておく事が大事になります。

内蔵脂肪の落とし方のまとめ

ダイエットの文字
以上のことから

  • 内蔵脂肪が増えすぎると生活習慣病になりやすくなる
  • 内蔵脂肪が増える原因はエネルギーが余るから
  • 内蔵脂肪のつき方は性別年代ごとに違う
  • 内蔵脂肪を落とすには「運動」と「食生活の改善」

という事を分かってもらえたかと思います。

当サイトは内蔵脂肪についてより詳しく調べた関連記事がありますので、そちらも参考にしていただくとより効果的だと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

下記にある関連記事もお楽しみください!

スポンサードリンク


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事