内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは!【見分け方のコツ】

お腹
あなたのお腹についている脂肪。

「内蔵脂肪」か「皮下脂肪」のどちらかわかりますか?

内蔵脂肪と皮下脂肪は性質が違うため、あなたに及ぼす影響も落とし方も違ってきます。

今回は内蔵脂肪と皮下脂肪の見分け方をまとめましたので、あなたを悩ませている脂肪がどちらなのか、きちんと知っておきましょう!

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサードリンク

内蔵脂肪って?

カルテ
脂肪と聞くと悪いイメージがありますが、本来はあなたの体を守ったり、生活に必要なエネルギーを蓄える役割がある大切なものです。

その脂肪は大きく「内蔵脂肪」「皮下脂肪」に分けられ、「運動不足」や「食べ過ぎ」などの生活習慣の乱れで増えてくるのですが、それぞれの影響、役目は少し違ってきます。

内蔵脂肪は、体の中心の内蔵付近や腸など、外から見えることができない部分についた脂肪です。

ホルモンの関係で特に男性、更年期を過ぎた女性につきやすいと言われています。

また内蔵脂肪の増えすぎを放っておくと「脳梗塞」「心筋梗塞」など命に関わる病気に繋がりやすいのですが、体につきやすい反面落としやすいという特徴があります。

  • 内蔵脂肪は体の中心につく
  • 内蔵脂肪は男性、更年期を過ぎた女性につきやすい
  • 内蔵脂肪の増えすぎは重大な病気につながる
  • 内蔵脂肪は落としやすい

皮下脂肪って?

二の腕
内蔵脂肪とは逆に、皮下脂肪は皮膚の下につき体のラインを崩すので、見た目からでも判断しやすい脂肪です。

体を守る役目があり、赤ちゃんをお腹の中で育てる役目がある女性につきやすいと言われています。

皮下脂肪の増えすぎは特に大きな病気を招くことはありませんが、長い生活習慣の乱れの中で徐々についていき、エネルギーとして使われる出番が最後になることから、ダイエット等でも落としにくいという特徴があります。

  • 皮下脂肪は皮膚の下につく
  • 皮下脂肪は女性につきやすい
  • 皮下脂肪は体のラインを崩す
  • 皮下脂肪は落としにくい

内蔵脂肪と皮下脂肪の見分け方!

123
脂肪の特徴を理解できても、自分についている脂肪がどちらかはまだはっきりとはわかりませんよね!

どちらの脂肪がついているかで病気に繋がりやすいのか、どう落とせばいいのかも変わってきますので、きちんと理解しておく必要があります。

次に内蔵脂肪と皮下脂肪の見分けるポイントを3つまとめましたので役立ててください!

1.見た目で見分ける!

まずは「見た目」ですがよく言われるのが、「皮下脂肪型肥満」はお腹と同時に太ももやお尻など下半身の肉付きもよくなるので「洋ナシ型肥満」

「内臓脂肪型肥満」は腰まわりの肉付きがよくなるので「リンゴ型肥満」と言われます。

さらに皮下脂肪型肥満は出っ張ったお腹の張りがなく、風船のようにパンパンに膨らんでいるのが内臓脂肪型肥満の特徴と言えます!

  • 皮下脂肪型肥満は「洋ナシ型肥満」でお腹の張りがない!
  • 内臓脂肪型肥満は「リンゴ型肥満」でお腹がパンパンに貼っている!

2.つまんで見分ける!

次は手で「つまむ」ことで見分ける方法です。

まずは立って姿勢を正し、お腹にグッと力を入れ凹ませてみてください。

そのお腹を指ではなく手全体を使うようにつまんでください。

その時に、つかめたならその部分が皮下脂肪です。そして気になるお腹の脂肪が内蔵脂肪ならつかめません。

さらにその時に痛みを感じるのであれば内蔵脂肪痛みをあんまり感じないのであれば皮下脂肪とも言えます!

お腹を凹ませて
お肉をつかめめて、痛くなかったら皮下脂肪型肥満!
お肉をつかめなく、痛かったら内蔵脂肪型肥満!

3.温度を感じるかどうかで見分ける!

最後の方法が「温度」を感じるかどうかで見分ける方法です。

お腹に手のひら全体を直に当ててみてください。

手とお腹、どちらが暖かく感じますか?

皮下脂肪型肥満であれば、手とお腹の温度差があまりなく同じように感じます。

逆に内蔵脂肪型肥満であれば、手の方が暖かく、お腹が冷たいように感じます。

お腹に手を当てると

  • 皮下脂肪型肥満は温度差をあまり感じない
  • 内臓脂肪型肥満は手が暖かく、お腹が冷たく感じる

内蔵脂肪と皮下脂肪の見分け方のまとめ

女性
いかがでしたでしょうか?

あなたのお腹についているにっくき脂肪はどちらだったのかわかりましたか?

当サイトには内蔵脂肪、皮下脂肪のメカニズムや落とし方をまとめた記事もありますのでそちらもお楽しみいただけると幸いです!

最後までご覧いただきありがとうございました!

下記にある関連記事もお楽しみ下さい!

スポンサードリンク


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


著者プロフィール

yuto