特茶で痩せる!ダイエット効果や飲み方など方法を解説!

特茶
サントリーが発売する伊右衛門「特茶」は2016年末に累計10億本と圧倒的な記録でトクホ売り上げNo.1の商品と言えるのですが、特茶は他のトクホ商品のお茶と何が違うのでしょう?

そして、効果はどういうものなのか?どのように飲めばいいのか?

今回は伊右衛門「特茶」をまとめてみました!

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサードリンク

伊右衛門「特茶」って?

誰もがこちらのCMを見たことがあるのではないでしょうか?

サントリーの伊右衛門「特茶」は2013年に発売されてからトクホ売り上げNo.1を維持し、飲みやすい・続けやすい・飲んだだけで痩せたと評判の多い商品です。

今や数多くあるトクホ商品の中でなぜこんなにも特茶に人気があるのか?

それは他のトクホのお茶の特徴が「食事の際の脂肪の吸収を抑える」という働きに対し、特茶には「体に溜まった脂肪の分解を助ける」という働きがあるからです。

特茶の効果って?

お茶
ここで一度特茶(500mlあたり)の成分分析表を見てみましょう!

エネルギー 0kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 2mg
カフェイン 90mg
カテキン 230mg
カリウム(100mlあたり) 10mg/td>
リン 10mg
ケルセチン配糖体 110mg

アンチエイジングに欠かせない抗酸化作用があるカテキンが多く含まれていますが、特茶の大きな魅力は、脂肪を分解し燃焼しやすい状態に変える成分「ケルセチン配糖体」が多く含まれていることです。

ケルセチン配糖体は玉ねぎなどの野菜にあるポリフェノールの一種で、特茶(500ml)には玉ねぎ約3個分のケルセチン配糖体が含まれています。

このことが特茶には他のトクホ商品にはない「すでにある脂肪を減らすための効果がある」と言えるのです!

特茶には、脂肪を分解・燃焼させやすくする成分「ケルセチン配糖体」が含まれている!

特茶の飲み方って?

お茶
特茶には摂取目安量が決められており、1日あたりペットボトル1本分(500ml)です。たくさん飲んだ分効果があるわけではないので、飲み過ぎには注意です!

脂肪の吸収を抑える他のトクホ商品とは違い、体に溜まった脂肪に働きかけるお茶ですので飲むタイミングは自分の好み、好きなタイミングに飲むことができます!

そして気になる体脂肪の低減が確認できる期間はおよそ8週間、約2ヶ月ほど飲み続けることで効果を実感できるとされており、これは他のトクホ商品と比べ、短い期間ではないでしょうか。

これだけ簡単に出来るのであれば人気があるのも頷けますね!

特茶の飲み方は
2ヶ月間1日1本(500ml)好きな時に飲む!

特茶でダイエットする際の注意点!

ジョギングする女性
特茶の効果は、あくまでも体に溜め込んだ脂肪の分解や燃焼させやすくするサポート的効果です。

飲むだけで何もせず、ダラダラと過ごしていてもダイエット効果は期待できません。

体の気になる脂肪を落とし、きちんとダイエットに成功されるには「運動」や「食生活の改善」が基本となります。

特茶はそのダイエットを効果的にサポートしてくれる飲み物と考えましょう!

また口コミ等で見受けられましたが、特茶を利用している方には体質に合わず、腹痛を感じる方もいるようです。少しでも体調不良を感じた場合はすぐに飲むのを中止しましょう。

伊右衛門「特茶」のまとめ

ハート
いかがでしたでしょうか?

以上のことから

  • 特茶には脂肪の分解や燃焼を手助ける「ケルセチン配糖体」が含まれている!
  • 特茶は好きな時に1日1本(500ml)を飲むと2ヶ月で効果が現れると言われている!
  • 特茶はあくまでもダイエットに効果的なサポート飲料!
  • ごく稀に腹痛を感じる場合がある!

ということになります。

参考にしていただければ嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

下記にある関連記事もお楽しみください!

スポンサードリンク


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事