サウナはダイエットにどう?効果的な入り方とは?

サウナ

サウナはたくさん汗をかくので、ダイエットにも健康にも良いイメージがありますね!「汗をいっぱいかくと疲れがとれる」という理由でサウナに行くお父さんも多いですね。

でも本当にダイエットや健康に良いのでしょうか?汗をかいて一時的に体重が減るだけなのでは?

今回はそんなサウナのダイエット効果や、効果的な入り方をまとめてみました!

スポンサードリンク

サウナのダイエット効果

体重計

サウナに入っているだけで痩せられるなら簡単なダイエットですね!

サウナは1時間で約150kcal消費するといわれています。体重によって異なりますが、ウォーキングの消費カロリーは1時間で約200kcal、ジョギングは1時間で約300kcalです。

さすがにサウナの消費カロリーはウォーキングやジョギングにはかないませんね。

サウナで汗をかくだけなら、運動して汗をかいた方が筋肉もつくのでよりダイエットに効果的だと思いますよね。でも実はサウナで汗をかくことは、筋肉をつけやすくすることに繋がっているんです!

サウナのダイエット効果①『乳酸』

準備運動

乳酸というのは脂肪を筋肉へ変えるのを妨げる性質があります。この乳酸は運動などで疲れると溜まっていくので、せっかく運動しても筋肉がつきづらくなってしまいます。

サウナに入ってたくさん汗をかくと、汗と一緒に乳酸を流してくれるのでサウナに入ることも大切なんです。

サウナのダイエット効果②『老廃物もすっきり』

美脚

サウナでたくさん汗をかくということは体内の老廃物を汗と一緒に流してくれるということです。老廃物が流れることでむくみ解消やアンチエイジング効果があります!

サウナのダイエット効果③『ストレス発散』

運動

サウナが好きな人はわかると思いますが、サウナで汗と一緒に老廃物も流すことで身体が軽くなりストレス発散になります!

ダイエット中は食事制限や無理な運動でストレスが溜まりやすいので、サウナでストレスを発散することでダイエットを継続しやすくします。

サウナの効果的な入り方は?

正しく入らないとサウナの温度の高さで心臓に負担を与えたり、脱水症状になったりと身体に危険を及ぼしてしまうので気を付けてください!

サウナの効果的な入り方①『必ず水分補給!』

水

「たくさん汗をかくのだから、水分補給は当たり前!」と思われてしまいそうですが、大切なことなので記載しました!

サウナに入る前と入った後には必ず常温の水か白湯を飲むようにしてください。冷たい水よりも常温の水や白湯の方が胃を冷やすことなく負担をかけないのでオススメです。

サウナの効果的な入り方②『サウナに入る前に体を洗っておく』

体を洗う

サウナで汗をかいてから体を綺麗にしたいと思ってしまいがちですが、サウナの前に体を綺麗にしないと汚れが毛穴に詰まっていて上手く汗が出なくなってしまうのです。

なのでサウナの前に体をある程度洗っておきましょう!

サウナの効果的な入り方③『サウナの前に湯船に浸かる』

温泉

急に高温のサウナに入ると心臓に負担がかかってしまい、気分が悪くなってしまう恐れがあります。サウナに入る前に湯船に浸かって身体を温めてからサウナに入れば負担がかかることもありません。

最低でも10分は湯船に浸かるようにしてください。10分ほど浸かれば身体の芯まで温めることができます!

サウナの効果的な入り方④『身体を温めたらマッサージ』

フットマッサージ

サウナを出て身体が温まっているうちにボディークリームやボディーオイルなどでマッサージをすると、より血行が良くなりむくみにくく痩せやすい身体が手に入ります!

他には

また、サウナを出た後に水分補給すると食欲が抑えられるので、食事前にサウナに入るのもダイエットに効果的です。

でもあまりに空腹な状態でサウナに入ると気分が悪くなってしまうので、少しだけお腹に何か入れておくことをオススメします!

サウナは長時間入っていると、サウナに入る前にいくら水分補給をしていても脱水症状になりやすくなってしまいます。サウナは10~15分入るだけで十分汗をかけるので、入りすぎには注意しましょう!

スポンサードリンク


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。